2016年8月26日金曜日

週刊葛生 第四十五号 大釜大工事前編

 みなさんこんばんは。博士1年のMです。


 夏も終わりに近づいてきて、寂しい限りですね。最近は天気が悪い日も多く、太陽が恋しいです。


まだまだ終わらないぞ〜!



 さて、葛生調査の話ですが、私の調査地、大釜の露頭と言えば、とにかく工事。


 何のことを言っているのか解らない人は、こちらで復習してくだされ。


 私が調査を始めてからもう3年ですが、まだまだ工事は終わりません。まずは、毎年のように露頭を覆う苔を除去。


before

after


 それから、今回は今まで見られていなかった、高いところの地層を見るために一計を講じます。

 まずは、盛り土で足場を上げてから、



 その上に梯子を立てて高いところの地層に手が届くようにします。


意外に足場が狭い。


 ところで、先ほどの盛り土の土、どこから来たんだろ?って思いませんでした。その答えがこちら。


もう一つの現場。

 この水路沿いに出ている露頭を拡張するため、ここではツルハシで土を切り崩しながら、搬出します。その時に出た土砂を使ったのでした。


 2日間の奮闘の成果が、こちら。





 手前の方で、さらに掘り込もうとして切り崩し始めた切れ込みが虚しいですね。


 あんまり広がってないじゃん、って思ったらいけません。人間の力はこの程度なのです。作業を手伝ってくれていたみなさんは、だいぶ疲弊していました。



 さいごに、みなさん、どうもありがとう。




 それでは、ごきげんよう。さようなら。


2016年8月20日土曜日

週刊葛生 第四十四号 聖地巡礼編

 みなさんこんばんは。博士1年のMです。


 前回から2週空いてしまいましたが、予告通り7月の葛生調査のお話です。


 ちょうど1ヶ月前、今までの追加サンプリングと観察のため、葛生を訪れていました。葛生と言えばやはり、



 そう、葛生化石館ですね。今までずっと行こうと思っていて行けなかった、念願の場所です。

 しかし、



 学芸員の方とずっと話し込んでいたため、写真は先ほどの一枚。館内は撮りそびれました。まあ、日帰りで東京から行けるところなので、実際に行ってみてください。入館無料ですし。


 葛生と言えば、もう1つはやはりラーメンですね。まあ、本当は葛生ではなく葛生も含めた佐野市の名物なのですが。

 今回は、今まで行っていなかったラーメン屋にもいくつか行きました。

ネギラーメン

醤油

冷やしラーメン

 うむ、おいしそうですね。


 そして、葛生に向かっている間に大雨が降っていたため、こんな衝撃的な光景も。

用水路が増水しまくり。

 この辺りでは良くあるそうですが、昨年の水害があった後なので、ちょっと怖いですよね。



 いつにもましてぐだぐだな感じですが、

のどかだぁ〜

 やはり葛生は良いですねぇ。



 ところで、2週間更新していなかったのには訳があるんです。じつは、今日まで大分県の津久見に行ってました。



 最近は、記事を書いている時にはもう次の調査に行っていることが多く、録画放送的な感じですね。そのうち生放送もしてみたいものです。


 それでは、ごきげんよう。さようなら。

2016年7月30日土曜日

週刊葛生 第四十三号 さらばベトナム編

 みなさんこんばんは。博士1年のMです。


 ベトナム滞在最終日、我々は朝早く起き、カットバ島を旅立つべくフェリー乗り場に行きます。しかし、、、、



 フェリー来ず。


 そこで、またしても暇つぶし発生です。

ベトナム国旗を描いてみる

飛翔

ベトナム軍訓練中
ハ君の見せ場1
ハ君の見せ場2
本格的にふざけはじめる
カットバ島の戦い

 待つこと2時間、待望のフェリーに乗り、来たときと同じように石灰岩の島を縫いながら本土へ戻ります。


 さらに、バスでひたすらハノイを目指して戻り、ハノイでは国立の博物館を見学させてもらいました。
生命進化の樹


 夜は打ち上げをし、今までお世話になった引率の小松先生と、ベトナムの方々にお礼の品を渡しました。


 翌朝は、早起きして空港へ向かい、こうして我々の楽しいベトナム巡検は終わったのでした。
空港にて、ラストベトナム料理。



 と、見せかけて、おまけ。


 引率の對比地先生、高橋先生、ありがとうございました。


 ベトナム万歳!!


 それでは、ごきげんよう。さようなら。

2016年7月22日金曜日

週刊葛生 第四十二号 カットバ島の古生界編

 みなさんこんばんは。博士1年のMです。

 さてさて、今日はフェリーに乗って訪れたカットバ島の話です。ちなみにカットバというのは地下水という意味だそうです。


 まずいきなり、古生界デボン系・石炭系の露頭を見ます。



 ここでは、サンゴや巻貝の化石がたくさん。しかし、ここまでと打って変わって石は頑健で化石採集が困難。
サンゴ

巻貝

 一泊した後、朝にはカットバ島の地質をさらに見学します。


海底斜面を流れ落ちた生物片の堆積物。

 島全体が石灰岩でできており、奇岩の岩山で見学する学生たちは猿山のようです。


 その後、古生界のデボン系と石炭系の境界が認定されている場所を見学しました。

地層感半端ねぇ。

 うむ、良き露頭じゃ。


 さらに、今度は小舟で別の島へ向かいます。

非常に頼りない小舟。
海賊に連れ去られる無辜の若者たち。

 行き着いた先は。。。

上陸。

 本当の猿がいる島。

猿の惑星


 モンキーアイランドと言うこの島では、石炭紀の化石が多く見られます。
サンゴや腕足類。
サンゴ
サンゴ
ウミユリの茎

 どれも結構今までより大きいサイズですね。残念ながら、ここでは採取は禁止。

 とはいえ、見ているだけでも楽しい場所です。


 さあ、4ヶ月に渡りお送りしてきたベトナム巡検シリーズですが、いよいよ次週が最後です。最後の一日、我々はカットバ島から一路ハノイを目指して戻るのですが、またまた一波乱巻き起こります。

 それでは、ごきげんよう。さようなら。

2016年7月15日金曜日

週刊葛生 第四十一号 霧に煙る奇岩の島編

 みなさんこんばんは。博士1年のMです。


 さて、前回は三畳紀後期の植物化石と炭坑博物館を見ていました。その翌日、我々は船で世界遺産のハロン湾へと進んでゆきます。


 まずは、鍾乳洞のある島へ行きました。


 凄い数の観光客を乗せた船がひしめいています。


 海上も大変な混雑。



 その後、ハロン湾の奇岩の中を船で縫っていきます。





 これはまるでパイレーツオブカリビアンのワンシーンのよう。


 そしてこちらは実際に襲いかかる海賊


 ではなく、果物の押し売りにくる船上商人。


 その後、港に戻っていったのですが、そのときの写真がこちら。


 もうなんなのか覚えてません。そろそろ、ベトナム巡検から時間が経ち過ぎですね。


 なにはともあれ、午後には我々は今度はフェリーに乗り、次の巡検スポットであるカットバ島へと向かいました。

 この航海でも石灰岩の奇岩の島々を多く見たのですが、個人的にはハロン湾の観光のときより他の船が少なくてこちらの方が味があったように思います。



 もう、美しい自然の前に説明の言葉は不要ですね。




 ね。



 さて、そうこうするうちに、行く手に霧に遮られたカットバ島が見えてきました。




 次回は、カットバ島の地質。またまた化石が登場しますよ。


上陸!!


 それから、今なんと、聖地巡礼に来ています。


 ということで、ベトナムの話が終わったら次はもちろんこちらのお話をしましょう。


 次回だけでなく、ここで次のシリーズの予告もしちゃいました。

 それでは、ごきげんよう。さようなら。